ホーム > ピックアップ!! > アンネ・フランクのバラ(愛称:アンネのバラ)が咲き終わりを迎えようとしています

ここから本文です。

更新日:2019年5月28日

アンネ・フランクのバラ(愛称:アンネのバラ)が咲き終わりを迎えようとしています

ばら1

杉並清掃工場の「アンネのバラ」

皆さんは、「アンネ・フランクのバラ(愛称:アンネのバラ)」をご存知でしょうか?
毎年5月と10月になると、杉並区立高井戸中学校の校庭いっぱいに美しいバラが咲き誇ります。平和の願いへのシンボルとして、中学校の生徒と地域住民が大切に育てています。
昭和49(1974)年、学校の授業で「アンネの日記」について学んだ生徒たちが感想文をまとめ翌年、アンネの父、オットー・フランク氏に送りました。これがきっかけとなって、昭和51(1976)年に、オットー氏より3株の苗木が高井戸中学校へ寄贈されました。
以来、アンネのバラは、高井戸中学校から全国の学校等に株分けされ、平和のシンボルとして各地で咲いています。

杉並清掃工場でも、高井戸中学校から株分けされたアンネのバラを大切に育てています。
ボランティア団体「杉並清掃工場アンネ・ロザリアンの会」の皆さんと杉並清掃工場が協働して、月に2回程度、アンネのバラ花壇の手入れ(草取り、肥料入れ、水やり、花がら摘み、挿し木、植え替えなど)を行っています。
アンネのバラは、真紅のつぼみ、オレンジ、黄色、ピンクへと咲きながら色を変えていくバラです。

皆さんにお楽しみいただいたアンネのバラもそろそろ咲き終わりを迎えそうです。
秋にも愛らしい花を咲かせます。ご期待ください。

バラ2

花壇の手入れを行っている様子

ばら5月28日

アンネのバラ(5月28日撮影)

杉並清掃工場は、アンネのバラを育てている花壇がある「ウォーキングロード」、「環境学習施設高井戸の里 あし湯」や「東京ごみ戦争歴史みらい館」を自由にご見学いただけます。また、月に1回程度(原則第3土曜日)、個人見学会を実施しています。
個人見学会の申し込み方法や、各施設の開放時間などは、関連リンクの杉並清掃工場をご覧ください。

また、5月11日(土曜日)~5月14日(火曜日)いずれも午前9時~正午、杉並区立高井戸中学校(高井戸東一丁目28番1号)でも、生徒とボランティアの皆さんが丹精を込めて育てている「アンネのバラ」の一般公開が行われます。
※一般公開は終了しました
詳細については、関連リンクの「アンネのバラ・サポーターズ」をご覧ください。


この機会にぜひ、杉並清掃工場と高井戸地域へ足をお運びください。

お問い合わせ

総務部総務課広報・人権係

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋三丁目5番1号東京区政会館14階

電話番号:03-6238-0613

ファクス:03-6238-0620