ホーム > ピックアップ!! > 清掃工場のオーバーホール

ここから本文です。

更新日:2017年3月14日

清掃工場のオーバーホール

ボイラ水管

ボイラ水管抜管補修の様子

清掃工場のオーバーホールは、定期点検補修ともいいます。
清掃工場は焼却炉や公害防止設備、発電設備など、大きくて複雑な構造の設備があります。また、24時間休みなく動き続けており、日々の点検では設備内部の確認が出来ないところもあります。
そこで、年に一度オーバーホール期間を設け、焼却設備全体を停止し、総合的に点検、補修を行い、公害防止性能や焼却性能及び施設の安全性を維持しています。
また、法令に基づく検査も行います。オーバーホール期間は焼却炉1炉あたり6~8週間程度必要ですが、複数の焼却炉がある清掃工場では、全部の焼却炉が停止する期間は2週間程度になるようにし、地域のごみ処理に与える影響をできるだけ少なくするように工夫しています。

蒸気タービン

蒸気タービン開放点検の様子

安全弁

安全弁の封鎖試験の様子

お問い合わせ

総務部総務課広報・人権係

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋三丁目5番1号東京区政会館14階

電話番号:03-6238-0613

ファクス:03-6238-0620